通貨のレートを参考にしながら取引をする

Forexは、外国為替証拠金取引と言う通貨の取引を行なうことによって利益を出していく投資の事を言います。為替相場という通貨のレートを参考にしながら取引をすることで、誰でも簡単に投資をすることができるのです。

世界の通貨は、常に一定の値で推移しているわけではありません。他の通貨と価値を比べられて変動し続けています。例えば、1ドル100円だったものが翌日には1ドル101円になったりするわけです。こうした通貨の変動を利用すれば、通貨の交換の時に発生した差益によって投資を成り立たせることが出来るようになります。

bhuFXが特別に魅力的なのは、他の投資と比べて利益を出しやすい投資であることが挙げられます。なぜかと言うと、初期資金をそれほど持っていなくても利益を出すことができる手段があるからです。このような方法をレバレッジと言います。

レバレッジと言うのは、簡単に言うと持っている資金を何倍にもして取引に参加出来るシステムのことで、この機能を利用して得た利益は全て自身のものにすることができます。

レバレッジの機能というのはFXに限らず株取引の信用取引などにも採用されていますが、FXのレバレッジはそれらの倍率とは比較にならないほどの大きな倍率で取引に参加出来るようになっているのです。

例えば、株の信用取引では持っている資金を約3倍程度にしか出来ませんが、レバレッジは国内の業者を利用したとしても最大で約20倍前後の倍率をかけることができます。

具体的に言うと、資金10万円でFXをしようと考えるのならば、最大で約200万円近くのお金が手元にあるものとして取引が可能になります。当然、この場合では20倍の倍率で資金を増やしていますので返ってくる利益も20倍になるわけです。なぜこのような便利な機能を利用することができるのかと言うと、FXは証拠金を利用する取引だからです。

外国為替証拠金取引と言う名称からも分かるとおり、FXではレバレッジを利用する際に証拠金と言うものを業者に預け、それをレバレッジのための担保とするのです。魅力的なのが、この証拠金は口座の中に入っていれば自由に使っても良い点にあります。

仮に、100万円近くの取引をレバレッジ20倍で考えて行なうときには5万円以上の証拠金が必要になりますが、この5万円は口座の中に入っていればそれで良く、5万円を下回らない限りは取引で自由に利用しても良いことになっているのです。こうした初心者でも取り組みやすい柔軟なサービスを採用していることから、FXは世界中で人気を集めています。

テクニカル分析とは

テクニカル分析を知らないといったことは暗闇でライトをつけず車を運転するようなことであり、すぐにおおきな事故をおこしてしまうでしょう。儲かっているトレーダーはテクニカル分析と経済指標などの情報両方を合わせてFXをしていますが、知らないと損をする可能性が高いのです。そしてテクニカル分析を知るといったことによってチャートの節目を知ることが可能で、損切と利益確定の判断基準となるのです。そして相場の方向性を知ることが可能です。

カテゴリー