株とFXを比較してみよう

銘柄の数は大切か?

そもそも、FXと株における最も大きな差異は銘柄の数でしょう。株の方は数えきれないほどの銘柄があるのは周知の通りです。選定にも一苦労でしょう。すなわち、それぞれの値動きをトレースするのも労力がかかります。

反面、FXは多くても20種類くらいの通貨が登場するのみです。その中から例えば5、6個の通貨をメインにして、運用を開始することが出来ます。情報の煩雑さが少なくてすむと言う意味で、時間のない方にはオススメです。またこういうポータルサイトという手もあることにはあります。スリッページ.comので非常に参考になります。

iuyu主要通貨は何があるか

現在主に取引されているのは、円、ユーロ、ドル。そしてポンド、オーストラリアドル、カナダドル、ニュージーランドドルでしょうか。基本的に円とドルの値動きを追うのがベースになるでしょう。為替取引においては元手として10万円ほど用意していれば主な通貨のすべてにおいて取引することができます。反面、株を始めようと思ったら、銘柄の購入に基本的に数万から数十万が必要となります。気軽さに大きな違いがあるでしょう。

値動きの差異も見逃せません

上記の二つにおける差異のうち、もっとも主要なもののひとつが、値動きです。株に比べて為替と言うのは値動きが小さいので、株よりもローリスクだと言えます。(もちろん、同時にローリターンであることを付け加えなくてはいけませんが)

この点、株はもし会社が潰れてしまえばその価値はゼロになってしまいます。値動きはもっとドラスティックです。通貨ではそのようなことはまず起こりえないと言えるでしょう。そもそもドルの貨幣価値がゼロになったら世界経済はどうなるでしょうか。ここで、ハイリターンを狙いたい人はレバレッジならびにMeta Traderを使用するという手があります。例えば、為替取引に置いては1万円を証拠金として、1万ドルの取引をすることができます。

例:仮に、1ドル=100円で1万ドルを買い、そのあとで1ドル=120円になったら、20万円の儲けが発生します。すなわち、1万円の投資によって 20万円の利益が発生するのです。この点、株においては投資金額の2倍以上の利益を狙うのはとても困難だといえます。

テクニカル分析とは

テクニカル分析を知らないといったことは暗闇でライトをつけず車を運転するようなことであり、すぐにおおきな事故をおこしてしまうでしょう。儲かっているトレーダーはテクニカル分析と経済指標などの情報両方を合わせてFXをしていますが、知らないと損をする可能性が高いのです。そしてテクニカル分析を知るといったことによってチャートの節目を知ることが可能で、損切と利益確定の判断基準となるのです。そして相場の方向性を知ることが可能です。

カテゴリー