リスクのある銘柄が多く買われている相場

リスクオン相場とは、リスクのある銘柄が多く買われている相場を意味しています。リスクオンの相場の時にはFXランキングをする際にオーストラリアドル・ニュージーランドドル・イギリスポンド・カナダドル・欧州ユーロなどの通貨が多く買われます。

また経済状態が安定しておらず通貨の価値も不安定な、発展途上国の通貨もこのリスクオンの市場では買われる傾向にあります。こういった通貨は金利の面では高く設定されていることが多いため、高リスク高リターンを狙って買う銘柄ということになります。

bku8リスクオン相場になる理由

リスクオン相場が起きやすい時というのは、「世界経済の安定が観測される時」と言われています。この「世界経済の安定の観測」というのは様々なケースがあるのですが、例えばアメリカの経済指標が好評価だった時などや、世界的な経済問題が解決された時などが挙げられます。この意味でバイナリーオプション取引は超短期の投資であるために影響は低いとされています。

世界経済が安定する見通しとなると、世界中の投資家たちもこれから安定する経済状態を見据え、利益の出そうな高リスク銘柄を買いに走るため、この動きから「リスクオン相場」が生まれます。

リスクオンの相場では、リスクが少なく安定資産と言われるアメリカドルや日本円、金などは売られる傾向にあり、先に挙げたような資源国や発展途上国、通貨以外では株式や原油などに買いの動きが見られます。

気をつけたいのは、このリスクオン相場は比較的長期的に続くことが多いため、そろそろリスクオンの相場も終わりと安易に予測しがちです。このタイミングで売りの取引をすると、その後相場がなかなか落ちずに逆に損をしてしまうということもありますので、この市況に慣れていない方は十分気を付けた方がよいです。

リスクオフ相場の売り買い模様

リスクオフの相場とは、BINARYOPTIONJPによれば、リスクオンの反対で、リスクの少ない銘柄が多く買われる相場のことです。

リスクオフの相場になる材料としては、リスクオンの場合と反対で世界経済の不安定化や、アメリカの経済指標が市場の評価を受けなかったときなどが挙げられます。今後の経済見通しへの不安から、世界中の投資家がリスクの高い通貨や株、原油などが多く売られ、反対にリスクの少ないアメリカドルや日本円へ投資するようになるとリスクオフの相場となります。

ここで気をつけたいのは、リスクオンの相場が比較的長くじりじりと続く一方で、リスクオフの相場というのは動きが早い傾向にあります。リスクオフ相場となると値動きは非常に早くなり、またリスクオン相場と比較すると値動きが非常に大幅になる傾向があります。これは、経済の不安材料が出た時に、投資家がリスクの高い銘柄を一気に売り飛ばしてしまうため起きるものです。

さらにこの売りの傾向がさらに売りを助長して、相場が大きく落ち込むと「セリングクライマックス(Selling Climax)」といういわゆる投げ売り状態になります。これは値が下がって多少の損が出るのを承知で、大損に落ち込む前にリスクを売り払ってしまおうという投資家心理が引き起こすものです。

このリスクオンとリスクオフの買われ方売られ方の違いは、言い換えれば「相場の評判」のようなもので、身近な例で考えてみれば至極当然のことと言えるかもしれません。

たとえば「絶対値上がりする、評判の株がある」と友人からおすすめされると「そんなに言うのであれば、買って損はなさそうだから買っておこう」というように、半信半疑で少しだけ買ってみるという心理が働くと思います。リスクオン相場の動きが比較的小幅でのんびりなのはこういった心理に基づきます。

一方、反対に友人から「あの株ね、もうダメみたいだよ。損するから売っちゃいなよ」と聞いたとすると、あなたは持っている株を少しとっておきながら売るということをするでしょうか。ダメそうなら全部売ってしまって、もっとよさそうな銘柄へ投資しようという心理になりませんでしょうか。リスクオフの相場とはこのような心理のもと生まれます。

リスクオンとリスクオフの相場の違いは分かっていただけたでしょうか。とくにリスクオフ相場では値が極端に変わる傾向がありますので、経験の浅いトレーダーの方には特に気を付けていただきたいです。

テクニカル分析とは

テクニカル分析を知らないといったことは暗闇でライトをつけず車を運転するようなことであり、すぐにおおきな事故をおこしてしまうでしょう。儲かっているトレーダーはテクニカル分析と経済指標などの情報両方を合わせてFXをしていますが、知らないと損をする可能性が高いのです。そしてテクニカル分析を知るといったことによってチャートの節目を知ることが可能で、損切と利益確定の判断基準となるのです。そして相場の方向性を知ることが可能です。

カテゴリー